理事長からの食品表示便り

理事長画像

2021年4月に理事長に就任しました湯川剛一郎です。前任の池戸重信同様よろしくお願いします。
食品表示制度は、時代の要請を受け常に変化し続けており、食品事業者は制度の改正に目を向けていないと、正しい表示を行っているつもりでも誤表示となる恐れもあります。食品表示検定協会では、初級、中級のテキストを2年ごとに交互に改訂し、食品事業者の方々に最新の知識を伝える努力を重ねてきました。合格者の方々とも食品表示の知識普及の面で連携を強化していきたいと思います
今後とも、食品表示についての力量評価と知識普及の面で本協会がトップに立てるよう努力を重ねていく所存です。

一般社団法人食品表示検定協会
理事長 湯川剛一郎
令和3年4月1日

2023.01.12
正しい食品表示を心掛ける必要
2022.06.01
リコール防止と食品表示検定の役割
2022.01.18
食品表示検定を柔軟に利用することが可能に
2021.03.31
池戸理事長退任のご挨拶
2021.02.28
食品ロス削減対策と食品表示
2021.01.31
食品表示法の規定をあらためて読み解く(表示する行為等)
2021.01.05
年頭のご挨拶 コロナ禍こそ食品表示ルールの知識と理解を深める好機に
2020.11.30
食品表示法の基本理念をあらためて読み解く
2020.10.31
食品表示法の定義規定をあらためて読み解く
2020.09.30
食品表示法の目的規定をあらためて読み解く
2020.07.31
今こそ食品表示検定試験で力を蓄える時
2020.06.30
新たな消費者基本計画と食品表示について
2020.06.01
新型コロナウィルス対策と今後の食品表示制度の動向について
2020.04.30
外国人に対する技能評価制度と食品表示について
2020.03.31
食品表示基準猶予期限後の監視強化体制について
2020.01.06
年頭のご挨拶 経過措置期限後の新たな食品表示ルールの適正な運用を期して
2019.11.30
食育における大学教育と食品表示について
2019.08.31
食品表示の全体像に関する方向性について
2019.07.29
ゲノム編集応用食品の表示の在り方について
2019.05.31
「食品表示の全体像」の今後の検討方向
2019.03.31
協会設立10周年を迎えて(ご挨拶)