団体派遣会場受験について

団体派遣会場受験概要

団体派遣会場受験とは 申込団体が設置した試験会場で、受験ができる制度です。受験資格、出題範囲、難易度、試験問題、合格基準等は公開試験と同一であり、合格者に対する評価、取り扱いにも違いはありません。但し、実施には一定の条件を満たすことが必要です。
受験人数 各級単位で、企業・各種法人で100 名以上、大学・専門学校等の教育機関は50 名以上。試験会場が分かれる場合は、1 会場当たりの受験者数が50 名以上であること。

企業・各種法人において、1 回で100 名の受験者数の確保が難しい場合、継続して(3 年程度)50 名以上等の条件が揃えば団体派遣を検討致します。詳細はお問合せください。

試験会場 申込団体が手配した会場
試験日時 公開会場と同日、同時刻で行う
対象級 初級・中級
受験料 公開会場と同じ

割引の適用はありません。

申請の条件

  • 企業・各種法人・教育機関(大学・短期大学・専門学校等)等の団体であること。
  • 公正中立な試験を実施するための試験会場を手配できること。
  • 申込団体責任者を選任し、協会の試験運用手順である「団体派遣会場受験運営マニュアル」に従って試験実施が可能なこと。(試験監督など当日の運営に必要な人員を確保できること)
  • 申込団体責任者は受験者情報、受験票、合否結果通知の授受及び受験料の振込について食品表示検定協会との窓口となること。

申請手続き

  • 団体派遣会場受験をご希望の場合は事前に申請書のご提出が必要です。申請書をダウンロードし、必須事項をご記入のうえ、食品表示検定協会(info@shokuhyoji.jp)までメールにてご連絡ください。
  • 協会での審査の結果開催が可能となった場合には、事前打合せをお願いします。
申請書ダウンロード
回数・級試験日申請書提出期限
第20 回初級・中級 2019年11月17日(日) 2019年8月30日(金)